突然発症するてんかんは、時に人の命を奪う恐れがあります。カルバマゼピンの効果を確認して服用してみましょう。

黄色の錠剤と瓶

カルバマゼピンとはてんかんの発作の治療薬の成分になります。
これはテグレトールという薬のなかに含まれており、てんかんを抑える作用からもNaチャンネル阻害薬とも呼ばれています。
カルバマゼピンには脳の興奮をしずめるという働きがあります。
てんかん発作は薬で抑えるのが基本なのである期間継続的に服用することで、てんかんを予防することができるようになるのです。

しかしこの薬は服用前に過剰に服用すると命にかかわることになってしまうということを知っておく必要性があります。
カルバマゼピンは過剰に服用し血中の濃度が上がってしまうと、一種の中毒症状を引き起こしてしまう可能性があります。
この中毒症状に挙げられるのが異常な眠気、悪心や嘔吐、めまい、ふらつきなどです。
このことからも用法・用量はちゃんと守らなくていけません。

また、一人での管理が難しいというような人は周囲の人も一緒に管理するということをおすすめします。
これは本人の安全のためでもありますし、万が一何かあったときのために管理しておいたほうが安心というのもあります。
もし大量に服用してしまっているというような場合には、一刻も早く救急車を呼んで病院に運ぶというのが重要になってきます。
薬を出す前に医師から説明があるでしょうが、この薬は一歩間違えるととても危険な薬になります。

服用が決まったときには本人が薬に対して意識をちゃんと持つということも重要ですが、親族や配偶者などその近くにいる人たちがサポートしていくことも重要になってきます。
もし可能なのであれば日常生活をストレスをためないように暮らしていくというのもこの過剰に飲みすぎてしまうという事故を防ぐための一つの方法になります。

記事一覧

脳神経疾患であるてんかんは、有病率が高いことで知られています。 生涯で1回以上てんかんの発作を経験す...

てんかんは、日本では珍しくない病気です。 しかし、てんかんの症状に慣れていない人が患者のつきそいをし...

女性の医者たち

てんかんとはけいれんや意識消失を伴う発作のことで、これは脳神経の過剰な興奮によって引き起こされます。...

カプセルと錠剤

カルバマゼピンは主にてんかん、躁病や躁うつ病の躁状態に対して用いられる薬です。 これらの疾患に共通す...

患者を診ている医者

抗てんかん薬であるカルバマゼピンは病院で処方して貰う事も出来ますが、安く手に入れたいのであれば通販サ...

書類を持っている医者

カルバマゼピンはすでに40年以上もの歴史を持つ抗てんかん薬の成分で、長い期間で使われてきた実績から安...